« 「知っている人」が惨殺される映像を見てしまったからなのだ - サイコテロとしての側面 | トップページ

November 05, 2004

生き延びた12人の女性が飾るColondar 2005

colondar 2005

スリムな女性たちのお腹が映っているこの画像、不思議な点がいくつかあるのに一目でお気づきだろうか?

まず、カレンダーの表紙のようなのに“The 2005 Colondar”と書かれている。そして、右端の女性のお腹には、手術痕らしきものが見える。

英語のcolonには、記号のコロン(:)の意味もあるが「結腸・大腸」の意味もある。“Colondar”とは、colonとcalendarを掛け合わせた造語なのだ。

モデルの女性たちは、実は、結腸・大腸癌を克服した人たちなのだ。20代から30代の女性11人と49歳の女性1人が月別にモデル役を演じている。カレンダーを作成販売しているのは、結腸・大腸癌に対する意識を高めることを目的に活動しているColon Clubという非営利組織。

Colondar 2005は、Colon Club Web サイトから15ドルで購入できる。

11月のモデルたとえば11月のカレンダーを飾っているのは、右の写真のエリカ・クレイツァーさん。彼女は学業に伴うストレスから22歳で大腸癌を患った。癌とわかったとき、既に大腸から肝臓にも癌が転移していて、助かる望みはほとんどないと言われた。

エリカさんは、大腸の一部と肝臓の60パーセントを切除する手術を受けた。体内に2つのポンプを埋め込んで肝臓に直接投薬する薬物療法も受けた。

エリカさんは、医師を驚かせるほどの回復を見せ、大学院に復学してマスターを取得したのである。

エリカさんは現在27歳。既に結婚している。過去4年間、癌は再発していない。Stroud Water Research Centerという研究組織で仕事に情熱を注いでいる。


冬のソナタ2005年度カレンダー冬のソナタ卓上2005年度カレンダー
「冬のソナタ2005年度カレンダー」をはじめ、
来年のカレンダーをお探しの方はここをクリック (amazon)

2004 11 05 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959616

この記事へのトラックバック一覧です: 生き延びた12人の女性が飾るColondar 2005:

» 12人の生き延びた女性たち [紙魚釣果から]
2005年用のカレンダーなんだけど、う〓ん、どこか違ってるのに気がついた? なんていわれてもなあ。ただの美人モデルさんたちとしか見えなかったんだけど ・・・ かみさんにクイズにしてみたら、二度目の答えで当てられちゃった。カレンダーが、Colonderとなっている... thorn_roseさん コメントありがとうございます。 ブログでも強制削除というトラブルが発生してしまいましたが、私生活でもトラブル発生(車が壊れただけなんですが)のほか、昨日は昼間から夜中までアルコール漬けだったため、レスが遅れてしまいました。 さて、私自身、この話に関心を持ったのは、友人が先日大手術を受けたからなんです。彼のプライバシーに関することなので詳しくは書けませんが。 私自身の人生観も、ともかく今を精一杯生きるしかないなあという感じ。 続きを読む

受信: Nov 6, 2004 8:20:11 PM

コメント

(^_^)/ コメントではお久です♪
久々に元気の出るステキな記事を読ませていただきました。
世の中は不条理に満ちているけど‥
でも、影もあれば光もあって‥ コントラスト‥
しかも彼女たちも一時期はきっと、影に押しつぶされそうになっていたことでしょうネ‥
そして、戦って勝ち抜いて‥ 今はとっても輝いています。
何がその明暗を分けるのかは‥ きっと“意思”だけの問題では無いんでしょうけど‥
不条理の影に怯えていたって何も始まらない‥
私も‥ 負けてはいられないナ‥ p(^^)q Shining!!
そして、私にいつか不条理が襲い掛かったら‥
精一杯生きているからこそ、覚悟を決めて受け入れよう‥
そんなふうに思いました。
もちろん、本当にそうなったときには、きっとジタバタするんでしょうけど‥
そうなったときにしか見えないし‥
結局は「自分を信じる」ということしかできませんよネ
(^^;;; 長々とすみません。 orz

投稿者: thorn_rose (Nov 5, 2004 3:27:32 PM)

thorn_roseさん

コメントありがとうございます。

ブログでも強制削除というトラブルが発生してしまいましたが、私生活でもトラブル発生(車が壊れただけなんですが)のほか、昨日は昼間から夜中までアルコール漬けだったため、レスが遅れてしまいました。

さて、私自身、この話に関心を持ったのは、友人が先日大手術を受けたからなんです。彼のプライバシーに関することなので詳しくは書けませんが。

私自身の人生観も、ともかく今を精一杯生きるしかないなあという感じ。

投稿者: miccckey (Nov 7, 2004 2:02:41 PM)

投稿者: fineinaq (Sep 15, 2017 2:05:19 AM)

コメントを書く