« 八月なのに鳥インフルエンザ流行中 - 再び日本でも・・・《ありえる度8》 | トップページ | アテネ五輪審判団の1人が指名手配中の殺人犯だった《びくびく度8》 »

August 19, 2004

メッセージを投稿する野生の狼 - 人間の行動監視にも応用?《ありえる度8》

若いオオカミが携帯電話からネットの掲示板にメッセージを投稿しながら、最果ての国で長い放浪の旅を続けている。旅先の土地では、ついに羊に手を出してしまい、地元当局は射殺も辞さずとの構えだ。だが、彼から投稿される記事には熱狂的なファンがいる。彼はどうなってしまうのか。

これは、たとえ話ではない。実際に携帯電話網を利用した送信機が狼の体に装着されている。この狼が基地局の近くを通りかかると、狼の現在地を示すテキストメッセージがインターネット上のBBSに投稿される仕組み。掲示板はほぼ毎日、新しい位置メッセージで更新されており、研究者たちを興奮させている。

雪上の狼この狼、送信機を装着されて以来、ノルウェーのヘドマルクからいったんスウェーデンを経た後、再びノルウェー国内のノールランまで1000キロの旅を続けている。

同国の研究者たちが狼の移動をこんなに長い距離にわたって追跡できたのは今回が初めてだという。これまでは、標識を付けた狼を見失わないようにして、ごく狭いエリアでしか移動経路を知ることができなかった。

この装置、ネタ元記事に詳細が書かれていないのだが、野生動物の体に装着されながら長期にわたってデータを送信できるわけで、軽量かつ耐久性に優れていて電池寿命も驚異的に長そうだ。ノルウェーといえば、NOKIA社のお膝元でもある。

この話を読んで、なんとなく嫌な予感がしている人もいそうだ。たとえば、会社から固定給をもらいながら、外回りのときは一匹狼的に寄り道を楽しんでいるあなたとか。

今後、このような技術が組織的・個人的を問わず、また合法・非合法を問わず、人間に応用される「ありえる度」は決して低くないと思われる。8ポイントくらいと予測しておこう。

組織的かつ合法の場合は、たとえば、出張中のあなたの行動経路がすべてイントラネット上の掲示板に書き込まれ、上司や同僚の目にさらされる。

個人的かつ合法の場合は、自分がいる場所を知らせる記事を自動投稿するブログが簡単に作れる。「淡々と自分がどこにいるかを報告するよ」みたいなブログ、手動式なら既にあるかもしれないが。

個人的かつ非合法の場合は、あなたのマイカーなどにこっそり装着された装置があなたの移動経路をすべてストーカーに報告してしまったりする(これに類する話は既にあるようだが)。


■ News Source: Aftenposten Norway - Wolves send text messages

当ブログの全記事一覧を見る

2004 08 19 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959754

この記事へのトラックバック一覧です: メッセージを投稿する野生の狼 - 人間の行動監視にも応用?《ありえる度8》:

コメント

コメントを書く