« 不可解な花様物体と不可解なライブドアランキング | トップページ | ゴキちゃんがいっぱい《はた迷惑9》 »

July 16, 2004

まだ生きているのに死んでいることになっていた《ずさんさ8》

■Ananova記事「Blind ex-wife declares man dead(10:53 Thursday 15th July 2004)」によると:

ロシア人のルンコフさんは、ある日、パスポートを更新するために警察を訪れたところ(ロシアでは警察でパスポートを更新するらしい)、「お前はもう死んでいる」と言われたそうな。「あんたの死体は奥さんが確認済みだよ」

ルンコフさんは2001年に前の妻と離婚したのだが、ルンコフさんの死体を「確認」したのはその前妻。

モスクワ地下鉄テロ今年、モスクワでは地下鉄爆破事件があった。少なくとも40名が死に、100名以上が負傷したあのテロ事件である。その遺体の1つを前妻が自分の夫だと確認したのだという。

この前妻は盲人だという。目が見えない人がどのように死体を「確認」したのかは不明だが、ともあれ、前妻は1万ポンド(約200万円)の遺族補償金を受け取っていた。詐欺の疑いがあるということで、現在警察の取調べを受けている。

「あんたはもう死んでいるんだからパスポートは更新できないよ」と言われずにすんだだけマシかもしれないが、なんともずさんな匂いがする話だ。遺体確認は目が見えない前妻だけに任されたのか。どうしてほかの肉親を立ち合わせなかったのか。

本件のずさんさは、8ポイントと評価しておこう。

当ブログの全記事一覧を見る

2004 07 16 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959815

この記事へのトラックバック一覧です: まだ生きているのに死んでいることになっていた《ずさんさ8》:

コメント

コメントを書く