« 超オススメな「トラックバック バンク」 | トップページ | 「どちらかといえば」という表現《まぎらわしさ7》 »

July 03, 2004

AとL: 10年の時を隔てて《共通性評点1》

筆者は、その昔、マハーポージャのPCを使っていたことがあります。マハーポージャって、あんまり誰も知らないかなあ? オウム真理教系列のPCショップが組み立てて売っていたPCなんですよ。地下鉄サリン事件のさなかは、まだそのPCで仕事をしておりました。地下鉄サリン事件って、1995年のことなんですよねえ。もう10年も前のことなのかあ。阪神大震災といい、まるで昨日のことのように思い出せる。

知り合いの同業者にも私にそそのかされてマハーポージャを使っていた人が何人かいました。「そそのかされて」と書いたけど、もちろん、わたしはオウム関係者じゃないですよ。怪しい宗教団体が作っているけど、品質もよく、何より価格がリーズナブルだから別にいいんじゃないのって感じでした。殺人集団だと知っていたら、さすがに購入しなかったでしょうけど。

もう10年も前ですが、当時のわがマハーポージャマシンは、14.4 kbps モデム(今となっては天文学的な遅さ)を経由して、既にインターネットにもダイアルアップ接続可能でした。普段は、NIFTY-Serveというパソ通を使っていたんですがね。

で、事件の後、オウムの仕業であるという疑惑が深まっても、まだ筆者はマハーポージャPCを使っておりました。当時PCって今より高かったし、新しいのを買ってもカスタマイズ内容を新しいPCに引き継ぐのが大変でした。筆者の同業者のところには、警察から聞き込みの電話があったそうですが、なぜか筆者のところには聞き込みがなかった。なんでかなあ? 公安が筆者をCIAのエージェントとみなしていたなんてこともなさそうだし。

さて、それからぼぼ十年を隔てた現在、筆者はlivedoor Blogを使っています。もちろん、ライブドアとオウムが似てるなんて馬鹿げたことは言いませんよ。共同通信記者さんのブログのコメント欄、後の方になって、ライブドアをオウムに見立てているかのようなコメントが出てきたけど、それに雷同する気はございません。

まあしかし、あの教祖さんにしても、不思議と人が集まってきたからあんな団体になったんですよねえ。理解できない人には理解できないけど、心酔する人はとことん心酔してしまう。理解できない派のお一人が記者さんで、心酔する派が記者さんを誹謗中傷した魑魅魍魎さんたち(筆者は匿名で誹謗中傷活動を行う人たちを魑魅魍魎と呼んでいます)。強引に共通性評点をつけるなら、うーん、さすがに最低点の1点くらいにしておかないとヤバイかな。

  • そうそう、この記事の投稿は、ブログ記事編集・投稿ツールのBlogWrite Freeによる投稿実験をかねています。
  • BlogWrite Freeについては、Witha Systemブログをご覧ください。
  • うまく投稿できるかなあ。

当ブログの全記事一覧を見る

2004 07 03 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959841

この記事へのトラックバック一覧です: AとL: 10年の時を隔てて《共通性評点1》:

コメント

コメントを書く