« まさかの初代週刊ブログ王 | トップページ | タマちゃん、牛丼、念力ブログ《共通性評点 8》 »

June 13, 2004

トラックバックって、そもそも何なの?《Q&A》

Q&Aカテゴリを新しく追加しました。この記事は、Q&A第一弾です。


インターネット歴はそこそこ長くても「ウェブログ」という形態のWebサイトがあることを最近知ったという人も少なくないみたいですね。このブログの読者にも、そういう人が多いような気がします。というのも、その関係で筆者の元にメールが何通か寄せられているからです。「トラックバックの概念を現実世界に適用してみると、どうなるか」という記事を2本書きましたが、そもそも「トラックバック」ってなんだかわからないので、話が半分もわからないというメールもいただいております。


トラックバックについて説明しているオンラインガイドやブログはたくさんあるのではないかと思うのですが、筆者流に簡単に説明すると次のようになります。

トラックバック
他人のブログに自分のブログへのリンクを強制的に貼ること。

普通のWebページの場合は、ほかのサイトへのリンクを貼るときには、ページの作成者が自分の意思で貼りますよね。ある日、久しぶりに自分のHPにアクセスしてみると、見知らぬエッチサイトへのリンクが勝手に貼られていた・・・なんてことも、たまにあるみたいですが、あなたが酔っ払ってサイトを更新した記憶がブラックアウトしてしまったのでもない限り、それはおそらく不正行為を働いたハッカーの仕業です。しかし、ブログの世界では、不正行為を働かなくても、他人のブログに勝手に自分のブログへのリンクを貼ることができるのです。


先週も、自分で長年HPを運営しているという人と話していたときに、このトラックバックの仕組みのことを話すと、そんなことされたくないと仰せでした。何で自分のサイトに、見知らぬサイトへのリンクが勝手に貼られなければならないのかと。


在来型のWebページの世界では (実はウェブログも目新しいものではなく、サーバー側の負荷が大きいため、サーバーのパフォーマンスが低い時代には普及しなかっただけのことなのですが、とりあえずウェブログでないサイトを「在来型」と呼ぶことにします)、誰かのサイトにリンクさせてもらうときでさえ、相手側がリンクフリーと宣言していない限り、一言断りを入れるのが礼儀となっています。勝手にリンクされることでさえ嫌なのですから、他人のサイトへのリンクを自分のサイトに断りもなく貼らるれなんてけしからんというわけです。


だけど、ウェブログの世界では、これは許されることなのです。万一、トラックバックを受け付けたくないのなら、トラックバック受け付け機能を無効にすることもできます。


まあしかし、現実世界での感覚により近いのは、在来型Webサイトとウェブログのどちらの方でしょう? 筆者は、やはり在来型Webサイトの考え方の方が現実世界により近いと思います。知らない人の家にかかってきた電話が勝手に自分の家に転送されてきたら、誰だってぞっとするでしょう? これは、他人が自分のサイトに勝手にリンクした場合のたとえです。


逆に、自分の家の電話が勝手に誰かの家に転送されてしまうとしたら、それがトラックバックみたいなのもです。もちろん、これは極端なたとえ話ですけどね。


で、今までに2本書いた「トラックバック法」のお話では、ラーメン屋に行列している客がほかのラーメン屋に転送されてしまうわけです。ただ、ラーメン屋のたとえ話は、これまた「便宜上」トラックバックの基本的性質をあえて無視して書いています。トラックバックは、あるブログを訪れて、その内容を読んだ人が関連情報を読むために別のブログにジャンプできるようにするための仕組みでもあるからです。ラーメン屋にたとえるなら、並んでいる客ではなく、食べ終わった客をラーメンハシゴに誘い出さなければなりません。だけど、それだと無理があるから、行列客を誘い出すという設定にしただけのことです。


「トラックバックの概念を現実世界に適用してみると、どうなるか」シリーズの記事は、ほかにも書こうと思っています。たとえば、葬儀屋が病院にトラックバックするとかいう話を。


当ブログの全記事一覧を見る

2004 06 13 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959885

この記事へのトラックバック一覧です: トラックバックって、そもそも何なの?《Q&A》:

コメント

私はHPもBlogもやってなくて、最近Blogを見るようになったんですが、なんだかBlogってBlogしてる人同士の交流が中心みたいで、話についていけないことも多くて、ちょっと引き気味になっちゃうこともあったので、こういう情報、とても助かります。うまく投稿できるかしら・・・・・掲示板にさえめったに書いたことないし・・・・・・

投稿者: k (Jun 14, 2004 1:31:32 AM)

日記がウェブログに強制的に移行されてしまって,困ってるところです。トラックバックって拒否する設定もあるんですね。自分は,やっぱり自分の領域に無断で踏み込んでもらいたくはないと思う派かな。別に不特定多数の人と無差別にコミュニケーションしたくて日記書いてきたわけでもないし。

URL書くのはやめときます。コメント欄にURLを書くのも,一種のトラックバックみたいなものでしょ? それに,強制移行先のウェブログをそのまま使うかどうか考えてるところだし。

投稿者: 無名 (Jun 14, 2004 12:34:26 PM)

コメントありがとうございました。このブログは、「読み物」のつもりで書いています。コメントやトラックバックなどの機能ももちろん使いますが、ブログというシステム自体を目的化するつもりはないんです。ブログは、あくまで手段や媒体というスタンスでやっております。

手段・媒体としてのブログは可能性を秘めていると思うんです。まだまだ、もっと違う活用法がありそうな気がしています。

投稿者: miccckey (Jun 14, 2004 11:30:33 PM)

TBありがとうございました。

ブログ運営は、HP運営とまた違う面がありますよね。

私も実際ブログ運営しなかったら、トラックバックとかブログ特有のコミュニティのあり方とか理解できませんでした。

でも、ブログ始めると、トラックバックに言い知れない魅力を感じて、すっかりはまっています(^_^;)

利用するのにはいろいろ考えてしまいますが、それも楽しい作業です。
ネタにできるし(笑)

そんなわけで、ブログにはいろいろ問題もあるでしょうが、魅力的なツールだなとも思っています。

投稿者: こに (Oct 25, 2004 10:20:38 PM)

コメントを書く