« モバイルlivedoor Blogの閲覧性7ポイントから9ポイントにアップ! | トップページ | ライブドア総合ランキングの摩訶不思議 »

June 26, 2004

ミミズの仲間を貝の一種と偽って刺身に《びくびく度1》

ダチョウ娘が気になってダチョウメニューをやめにした創作居酒屋の店主Aさんは、ダチョウ娘にがっかりさせられてしまった一方で、あんなに美味でヘルシーなダチョウ肉が結局、お客に受け入れられなかったことを残念に思っていた。

可愛いからダメというのなら、その逆はどうだ? 実は具体的なプランが既に上がっていた。ユムシである。Aさんは何度かユムシを食べたことがある。貝の仲間だと言われれば、そんな気もする味だ。美味と言っていい。

だけど、まず第一にネーミングが悪いなあ。最後にムシと付く名前の食べ物は、拒絶反応を引き起こしがちだ。まあ、チャワンムシなどの例外もあるが。

とにかく、ユムシではまずい。別名を調べてみたが、その形状からしてろくな別名がなさそうだ。英語はどうだ? Echiuroidea? なんと読めばいいか分からんぞ。そういえば、韓国料理の店でユムシを食べたこともあったぞ。そうだ、「ケブル」というのだった。韓国でよく食べられている貝の一種だとごまかせば大丈夫だろう。

ちなみに韓国語の「ケブル」という名称の由来は、イヌのペニスという意味だそうである。これによく似た意味を持つ日本語の「イヌフグリ」が青紫の可愛い花をつける植物の和名であるのとは対照的だ。

Phylum Echiuroideaしかし、一番のネックは、その加工前の姿だ。こんなにグロテスクなのだから。

決して、これを客に見せてはならない。いや、従業員にだって秘密にしておかねばならない。仕込みに出てきたら、まず一番最初にユムシを解体しておかねば・・・・

いや、もっと大きなネックは、この生き物が海に生息しているミミズの仲間だという事実だった。釣りのエサによく使われるゴカイなどの仲間(環形動物)なのだ。ユムシ自体、釣りのえさに使われることもある。

わざわざこんな取り扱い注意の食材を使う必要なんかないはずなのだが、ダチョウの一件以来、Aさんはムキになっていた。これをあのダチョウ娘に食べさせてやりたい。何より、それが一番の目的だった。

そして、いよいよダチョウ娘がやってきた。

「今日のオススメは、ケブルのお刺身ですよ」
「ケブル? ケーブルのお刺身、なわけないよね」
「こりこりしていて美味しいですよ。試しに仕入れてみたんですが、貝の一種なんだそうですよ」
「へえ。じゃ、頼んでみようかしら」

Aさんは、まるで自分が犯罪者になったみたいな気分を味わっていた。罪悪感が渦巻く一方で、罪を犯すことを楽しんでいる自分がいる。はらわたを取り除いて、いくつかの切り身に分けて下ごしらえしたユムシは、たしかに貝の仲間のように見える。これに包丁を入れて刺身にしていく。

貝の仲間らしいと「知らんかぶり」をしたこと以外、自分に罪はないはずなのに、ひどく悪いことをしている気がする。そのひどく悪いことが楽しくてたまらない。ビクビクすることがこんなに楽しいとは。詳しい客に貝じゃないよと指摘されても、しらばっくれればいいだけのことだし。

このケース、まあ、近頃世間を騒がせている食品の産地偽装や賞味期限改ざんなどに比べれば、よほど罪がないと言えるでしょう。三菱製自動車のユーザーが今感じているビクビク度を10とすれば、本件のビクビク度は1ポイントにも満たないでしょうね。とりあえず最低点の1ポイントとしておきましょう。

当ブログの全記事一覧を見る

2004 06 26 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959855

この記事へのトラックバック一覧です: ミミズの仲間を貝の一種と偽って刺身に《びくびく度1》:

コメント

excellent points and the details are more specific than somewhere else, thanks. - Norman

投稿者: Poker Test (Sep 20, 2010 11:38:36 PM)

last week our class held a similar talk on this subject and you show something we have not covered yet, appreciate that. - Kris

投稿者: mietwagen mallorca (Oct 22, 2010 10:52:37 PM)

Obtain and select some good things from you and it helps me to solve a problem, thanks. - Henry

投稿者: rachat de credit (Nov 23, 2010 2:02:59 PM)

I seldom leave comments on blog, but I have been to this post which was recommend by my friend, lots of valuable details, thanks again.

投稿者: rachat de credit au meilleur taux (Feb 3, 2011 6:32:04 PM)

コメントを書く