« コメント増によるランキングアップ実験の結果??? | トップページ | 一般の株主に擬態して糾弾?《まぎらわしさ評点10》 »

June 30, 2004

誰を「だまくらかす」と書いてあるか

共同通信の小池さんがライブドア社長堀江さんのブログに向けて書いた記事のこと、だまっていようかと思いましたが、やっぱり気になって仕方がない。

今回の騒動、小池さんの記事「社長日記」に異議アリ!に含まれていた2つの言葉が特に槍玉に上がっているようです。1つは「スノッブ」、もう1つは「だまくらかす」。ここでは後者に注目して、筆者の私見を述べようと思います。

こんなのにだまくらかされていてはいけない!

という記事の結びの文が一人歩きしてしまったようですが、実はこの「だまくらかす」の意味は、その前にちゃんと定義されています。
もちろん、ご商売のことも書いておられるが、はっきり言って、これこそ「スノッブ」以外の何ものでもないと僕には思える。要するに「成功した青年実業家とは、こういうふうにしているものなんだよ」というやつだ。たしかに、livedoorはBlogで成功しているようだし、僕もこうした新しいメディアが広がってほしいとは思う。が、そのこととこのことは全く別だ。いかに商売がうまくいっているといっても、この程度の内容を載せて、結果的に若い人たちをだまくらかすのはちょっとどうかと思う。さらに言えば、社長の日記をトップページにシルエット入りで紹介しているというのは、一体どういう神経だろうか。(記事より1段落引用。赤字書式は筆者が追加しました)。

「だまくらかす」については、いろんな拡大解釈をされてしまっていて、もうブレーキが利かない状態。小池さんの文を悪文だという声が多いけど、私はそうは思いません。上の文を読むと、ちゃんとロジックが通っていますよ。プロの文章だと思います。

優雅で「スノッブ」な生活を日記に語ることにより、若い者を結果的にだまくらかす・・・という文脈でこの言葉は使われています。株主をだまくらかすとは書かれていない。ユーザーをだまくらかすとも書かれていない。共同通信などのメディアをだまくらかすとも書かれていない。日本国民をだまくらかすとも書かれていない。

筆者は、別にどちらの側にも立ちません。共同通信ニュースはiモードで購読していたりしますが、堀江さんのブログも一読者として楽しく読ませてもらっています。ただまあ、付和雷同という言葉がさっきから脳裏をよぎって仕方がないのですよ。

前にこのブログの記事で書いたように、タマちゃんや念力ブログのように逆境に立たされている動物やブロガーを応援するときの付和雷同には、裸の王様ゲーム的な癒しがあると思います。見えないものが見えているふりしてみんなで連帯感を育むというような。

だけど、今回の小池さんバッシングを見ていると、王様の家来たちがお前には着物が見えないのかと怒っているのと少しに似てる気がしますね。裸の王様かどうかは知りません。小池さんは裸の王様だと言っている。堀江さんシンパは、裸の王様なわけがないだろうと怒っている。どっちが正しいのかは筆者のあずかり知らぬところです。

当ブログの全記事一覧を見る

2004 06 30 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959847

この記事へのトラックバック一覧です: 誰を「だまくらかす」と書いてあるか:

» 「どちらかといえば」という表現《まぎらわしさ7》 [なんでも評点から]
筆者は、昨日、免許更新講習を受けに行ってきた。その生き方そのものがさまざまな違反をはらんでいることで知られる筆者は、当然、運転中にもいくつかの違反を犯しており、2時間講習となった。 その内容は、まあお決まりのものだったが、今回は救急隊員の視点から実際の事故 >うららさん コメントありがとう。 私って言葉巧みですかあ? 記者にも社長にも向きません。責任ないからこんな文章書けているだけです。 ひとにぎり説は私もそう読んでますよ。まあ、この手のことはいろいろ見てきているのでピンと来ます。家来さんの中にも良識のある人って必ずいたりするしね。 ポアしてこいなんて言葉を発したの麻原さんでしたよね。関係ないけど。 続きを読む

受信: Jul 4, 2004 9:48:39 PM

コメント

コメントを書く