« デザイン一新 | トップページ | 球団合併で揺れるプロ野球界をめぐるいくつかの「ありえる度」 »

June 14, 2004

オリンピック スタジアムが・・・ 《ありえる度 3》

オリンピックの年ですね。アテネのスタジアムの工事が遅れている話は有名ですが、本当に完成するのでしょうか? IOCが五輪スタジアム工事で「最後通告」を出したという新聞報道がありました。


スタジアムの屋根の完成が遅れているとかいないとか。鉄骨の施工がずれ込むなど、建設日程がかなりきつくなってきており、開会式と閉会式のリハーサル時間が犠牲になるのは避けられないらしいです。屋根の工事が遅れていることに関する5月4日付けのTimes Onlineの記事は、次の文で結ばれています。

The building schedule is very tight. As the steelwork has spilt into this month, it is inevitable that rehearsal time for the opening and closing ceremonies will be compromised.



その後、あまり報道されていないようですが、この調子だと、オリンピック開催に間に合うとしても、かなりの突貫工事が行われていそうです。「手抜き工事」という言葉もどこからか聞こえてきます。


縁起でもない話ですが、スタジアムの欠陥により何らかの事故が発生する可能性もあるのではないでしょうか? 屋根の一部が落下したり、客席スタンドが崩壊したりとか。このような事態の「ありえる度」、3点と評価しておきます。テロのリスクもあるのですけどね。


コロシアムには屋根がないわけですが・・・




当ブログの全記事一覧を見る

2004 06 14 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959882

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック スタジアムが・・・ 《ありえる度 3》:

» ありえる度 [用語解説 - なんでも評点から]
ありえる度の定義と意味を説明しています。 辛辣なこと言いながら根は優しい。そんなイメージです。筆者さんのこと。さあ今から仕事行って来ます。牧場で働いてるんです。では。 続きを読む

受信: Jul 5, 2004 2:31:05 AM

コメント

コメントを書く