« ブログが悪者にされる《ありえる度 9》 | トップページ | なるほど、そういうことか - Livedoor のコメント多重投稿《ずさんさ評点 8》 »

June 10, 2004

トラックがバックするときのしつこさ 《まぎらわしさ評点 7》


cover
前にも触れましたが、このブログの基本構想を思いついたのは、『新しい単位』と『「新しい」新しい単位』というジョーク本に触発されてのことでした。このブログがそうであるように、特定の尺度から物事を眺め、単位を付けていくという趣向の本です (本家をつかまえて、おこがましい言い方ですが)。『新しい単位』DVD版も出ているようです。


そんな新単位の1つとして、「バック」という単位があります。トラックがバックするときに、自動音声で「バックします・バックします・バックします・・・・」と繰り返すしつこさを1とする単位なんですね。


ブログというものを全然知らない人が「トラックバック」という言葉を聞いたときまず脳裏に浮かぶのは、このようにトラックがしつこいセリフを機械的に繰り返しながら、あるいは深夜の静けさを無視して同じセリフを繰り返しながらバックする姿でしょう。


しかし、本当は英語のつづりからして異なります。自動車のトラックはtruck、トラックバックのトラックはtrack。紛らわしさをさけるために、ブログの方は英語の発音に少し近づけて「トリャックバック」とでも表記するのがよいような気もしますが、「トリャック」なんて書くと「トリック」と読み違えられやすいし、だいいち気持ち悪い。


それはともかく、trackbackという用語は、ほかの多くのIT関連用語と同じくカタカナ外来語として扱われています。深く考えずに字面だけで訳すなら「逆追跡」などの訳語が考えられます。「逆探知」は違う意味で使われているのでまずいだろうし。機能に即して考えれば「逆リンク」でいいと思うのですが、リンクがカタカナ語のままではまずいので「逆連鎖」とでも訳すんでしょうか。


というか、一応この方面の専門家として言わせてもらうと、新しい概念を指す言葉を誰かが無理して訳す必要なんかないんですよ。新しい概念に無理に訳語を付けても、浸透させるのが大変だし、みなが同じ訳語を使うとは限らず、用語の標準化が図れなくなります。もっともカタカナ語の場合でさえ、「ウイルス」と「ウィルス」みたいな細かい表記のゆらぎはあるのですがね。


外来語でも立派に漢字化され、今や純粋な日本語だと信じられていて、しかも中国に逆輸入までされている「社会 (=society)」のような言葉もありますが、訳された時代が時代だけに可能だったと言えるかもしれません。今のように、新しい概念が急速に浸透・普及していく時代には、ゆっくり漢字訳語を定着させていく余裕がないのです。もっとも、漢語自体が本来は外来語だったんですがね。


もっとも、これは、新しい概念を導入するときに限った話です。


コンセンサスとか、エンパワーメントとか、インセンティブとか、ほぼ同じ意味の日本語または定着した訳語があるのに、あえてカタカナ語を使うのは、自分がインテリであると示したい、よく分かっていない相手をだまくらかしたい、ツッコミを入れられたときの逃げ道 (たとえば、インセンティブと報償とでは、少し意味に違いがあるとか) を作っておきたい、などの理由があるのでしょうか。符牒や隠語としてカタカナ語が使われている場合もありそうですね。この話題は、いつかまた別の記事で言及したいと思います。


さて、トラックのバックしますがしつこい話に戻りますが、人気ブログに対するトラックバックspamも相当しつこいみたいですね。Livedoorブログ ランキング上位の馬鹿な私の日々も執拗なspam攻撃を受けているようで・・・

そうそう、「トラックバックする」と「トラックがバックする」のまぎらわしさ評点はブロガーが思っているほどブログが世間に知られ渡っていない現段階では、7くらいに評価しておきましょう。


当ブログの全記事一覧を見る

2004 06 10 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959896

この記事へのトラックバック一覧です: トラックがバックするときのしつこさ 《まぎらわしさ評点 7》:

» まぎらわしさ [用語解説 - なんでも評点から]
この世には、いろんなまぎらわしさが渦巻いていますが、「意図しないまぎらわしさ」と「意図的なまぎらわしさ」の二種類に大別できそうです。 「たとえば、ンとソ、0とO...」の記事で言うと、ソとンがまぎらわしい筆跡は、意図しないまぎらわしさになります。信用状をわざと 目から鱗です。そういう視点もあったんだ。自分から進んで百分の一になるのはやめておこうと気持ちが変わりました。ありがとう。 続きを読む

受信: Jul 4, 2004 11:42:16 PM

» トラックバックって、そもそも何なの?《Q&A》 [なんでも評点から]
Q&Aカテゴリを新しく追加しました。この記事は、Q&A第一弾です。 インターネット歴はそこそこ長くても「ウェブログ」という形態のWebサイトがあることを最近知ったという人も少なくないみたいですね。このブログの読者にも、そういう人が多いような気がします。というのも 目から鱗です。そういう視点もあったんだ。自分から進んで百分の一になるのはやめておこうと気持ちが変わりました。ありがとう。 続きを読む

受信: Jul 5, 2004 1:02:09 PM

» ラーメン屋にトラックバック 《ありえる度 1》 [なんでも評点から]
行列が出来る店として有名なラーメン屋『ブロ°具』の店主Bさんは、こんな法律が施行されたら、まったく商売上がったりだとぼやいている。「トラックバック法」のことである。日本経済にカツを入れるための秘策というが・・・。 企業、飲食店、個人商店など、経済活動にかか 目から鱗です。そういう視点もあったんだ。自分から進んで百分の一になるのはやめておこうと気持ちが変わりました。ありがとう。 続きを読む

受信: Jul 5, 2004 1:05:00 PM

コメント

コメントを書く