« 関越道で逆走事故 | トップページ | まさかの初代週刊ブログ王 »

June 13, 2004

念力ラーメンが大人気に..《ありえる度 5》

ラーメン屋にトラックバック」の記事に書いたように、トラックバック法が施行されて以来、全国各地の行列が出来るラーメン屋の前にトラックバック移送業者のマイクロバスが頻繁にやって来ては、待ちくたびれた客を別のラーメン屋に搬送していくのがごく普通の光景となっている。


完全歩合制で重労働をしているトラックバックドライバーのNさんが担当するエリアでは、行列店からのトラックバック率は、だいたい50パーセントくらいだ。行列客の半数は根強いファンであり、誘いに乗らずに待ち続けるからだ。ところがトラックバック率が異常に高いラーメン店を1軒発見してしまったのだ。


しかも、そのラーメン店、2ヶ月前の開店以来、いまだに売り上げはゼロなのだ。なのに店の前には行列が出来ている。通常のラーメン屋とは異なり、客の回転が異常に速い。


その店の表には、

「念力軒」は、念力によるラーメン作りの実験のために開店いたしました。午前11時半から午後9時まで、当店の物置に店主がひとり潜んでラーメンをお客様にお出しできるまで念力をかけ続けていきます。現在修行中の身ですので、しばらくの間はラーメンらしきものをお出しできないかもしれませんが、よろしくお願いします。もちろんラーメンをお出しできない限り、一切の料金をいただきません。見事ラーメン作りに成功した場合は、お客様ご自身で値段を付けて、カウンターの上の箱に入れてください。

と書かれている。いつの間にか口コミでこの店のことが広まり、多い日には数千人の客 (見物客?)が入れ替わり立ち代り出入りする。賞賛すべきは、客たちのマナーの良さだ。店側の人間は誰一人として姿を現さないにもかかわらず、店のものを勝手に持ち出したりするような者はいないし、灰皿が置かれていない店内でタバコを吸う者もいない。それどころか、少し散らかっていたりすると客が自主的に片付ける。


だいたい一人平均、5分ほどカウンターに座り、「もう少し気長に見守ってあげないといけないね」などと暖かい反応。みんなニコニコしながら店から出てくる。


Nさんは、そんな彼らを普通のラーメン店にトラックバック移送していくのだ。トラックバック率は当初から80パーセントを超えていたが、今では「念力ラーメンをチェックした後、ラーメンを食べに行く」のが一種のファッションと化しており、トラックバック率はほぼ100パーセントに達している。


さてさて、本件の「ありえる度」も、「ラーメン屋にトラックバック」と同じく最低点の1とするのが妥当のようにも見えますが、企業、飲食店、個人商店など、経済活動にかかわるあらゆる事業体がほかの事業体にトラックバックすることを合法化および奨励するトラックバック法なるものが仮に施行されたと仮定すれば、念力ラーメンが人気を呼ぶことの「ありえる度」はけっこう高いのではないかと思われます。よって、その仮定のもとでという限定付きで、ありえる度5と評価いたします。


なお、念力でブログを更新できたりラーメンを作れたりする「ありえる度」を評価しているのでは決してありませんので、誤解なきよう願います。


当ブログの全記事一覧を見る

2004 06 13 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959887

この記事へのトラックバック一覧です: 念力ラーメンが大人気に..《ありえる度 5》:

» ありえる度 [用語解説 - なんでも評点から]
ありえる度の定義と意味を説明しています。 TBありがとうございました。 ブログ運営は、HP運営とまた違う面がありますよね。 私も実際ブログ運営しなかったら、トラックバックとかブログ特有のコミュニティのあり方とか理解できませんでした。 でも、ブログ始めると、トラックバックに言い知れない魅力を感じて、すっかりはまっています(^_^;) 利用するのにはいろいろ考えてしまいますが、それも楽しい作業です。 ネタにできるし(笑) そんなわけで、ブログにはいろいろ問題もあるでしょうが、魅力的なツールだなとも思っています。 続きを読む

受信: Jul 5, 2004 2:31:11 AM

» トラックバックって、そもそも何なの?《Q&A》 [なんでも評点から]
Q&Aカテゴリを新しく追加しました。この記事は、Q&A第一弾です。 インターネット歴はそこそこ長くても「ウェブログ」という形態のWebサイトがあることを最近知ったという人も少なくないみたいですね。このブログの読者にも、そういう人が多いような気がします。というのも TBありがとうございました。 ブログ運営は、HP運営とまた違う面がありますよね。 私も実際ブログ運営しなかったら、トラックバックとかブログ特有のコミュニティのあり方とか理解できませんでした。 でも、ブログ始めると、トラックバックに言い知れない魅力を感じて、すっかりはまっています(^_^;) 利用するのにはいろいろ考えてしまいますが、それも楽しい作業です。 ネタにできるし(笑) そんなわけで、ブログにはいろいろ問題もあるでしょうが、魅力的なツールだなとも思っています。 続きを読む

受信: Jul 5, 2004 1:01:51 PM

コメント

コメントを書く