« 寄生虫がいなくなると...《はがゆさ評点 7》 | トップページ | Livedoor Blog Proサービスのpage view数について »

June 02, 2004

風邪かと思っていたら...《まぎらわしさ 10》

2002年に元K1チャンピオンのアンディ・フグが急性白血病で亡くなったことはまだ記憶に新しいかと思いますが、劇症糖尿病というのが医学界で話題になっているそうです。最初に喉の痛みがあるなど、風邪とよく似た症状があるのですが、平均4.4日で意識障害に陥るらしい。

【朝日コムより引用】糖尿病のなかに突然発症して急速に重症化する劇症型があり、数日で死亡した例もあることが、日本糖尿病学会の初の実態調査で分かった。(中略) 劇症型は、調査委メンバーの花房俊昭・大阪医科大教授らが00年に初めて報告した。(中略) 花房教授は「糖尿病と分からないまま亡くなっている人も多いのではないか」としており、調査委は「糖尿病に詳しくない医師が初期症状を見逃して手遅れになる恐れがある」として、開業医や救急医に初診時の血糖値測定と迅速な治療開始を呼びかけている。
「糖尿病と分からないまま亡くなっている人が多い」かもしれないということは、「ただの風邪や胃腸炎なのに体力が極端に低下していたから臓器障害を併発して死に至った」と診断された人も多いというようなことを意味しているのでしょうね。迅速な処置 (インシュリン注射かな?) をすれば助かるとすれば、初期症状でのまぎらわしさには十分に注意しなければならないということですね。

本件のまぎらわしさは人命にかかわることですので、満点の10と評価せねばなりますまい。

当ブログの全記事一覧を見る

2004 06 02 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959916

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪かと思っていたら...《まぎらわしさ 10》:

» まぎらわしさ [用語解説 - なんでも評点から]
この世には、いろんなまぎらわしさが渦巻いていますが、「意図しないまぎらわしさ」と「意図的なまぎらわしさ」の二種類に大別できそうです。 「たとえば、ンとソ、0とO...」の記事で言うと、ソとンがまぎらわしい筆跡は、意図しないまぎらわしさになります。信用状をわざと 食わせ物だなんて、よくご存知で(笑)。 続きを読む

受信: Jul 4, 2004 11:43:05 PM

コメント

俺はそういう紛らわしい死に方してみたいものだ。人命がどうのって、偽善者ぶるあたり、かなりな食わせものっぽい。あ点数は7くらいじゃないの

投稿者: アカギ (Jun 6, 2004 3:50:49 AM)

食わせ物だなんて、よくご存知で(笑)。

投稿者: miccckey (Jun 8, 2004 3:43:49 PM)

コメントを書く