« コンピュータ→人感染?《ありえる度 7》 | トップページ | トラックがバックするときのしつこさ 《まぎらわしさ評点 7》 »

June 09, 2004

ブログが悪者にされる《ありえる度 9》

長崎の刺殺事件に関しては、チャットや掲示板が子供の非行の温床みたいに言われているようですが、カッターナイフについては、管理を徹底するとかいう話はあっても、カッターナイフそのものを悪者視する意見はありませんね。いろんな犯罪に自動車が使われていますが、自動車自体(特にワンボックスカー)を犯罪の温床と糾弾する話も聞いたことはないし。


だけど、ネットがからむと、いつもネットが悪者にされますよね。要するに「エスタブリッシュメント」の問題なんでしょうか。メディアにしても教育機関にしても政府機関にしても、上層部の人のコンピュータリテラシはまだまだ低いといえるでしょう。カタカナ語ばかり使って済みません。わざとなんです。たいていどこの組織でも上層部の人はカタカナ語を出されると知ったかぶりしがちでしょ?


要するに、エライサンにとってコンピュータはまだまだ「舶来品(一般には死語)」であって、自分から使いこなすものじゃない。運転手付きのハイヤーに乗ってる気分で、秘書や部下に入力させておけばいい。それに対するアンチテーゼとして、社長ブログが流行してるんでしょうけど。


さて、ぼちぼち、ブログの世界にもババヌキのジョーカーが回ってきそうですね。たとえば、次のようなことが考えられます。

  • ブログのコメントを通じたバトルで恨みを持った人物が相手を監禁して立てこもり
  • ブログのランキング争いが少年の集団暴行事件に発展
  • トラックバックに飽き足らず、リアルワールド・トラックバックなるストーカー行為が流行

こうなると、今まではブログやってますというと尊敬のまなざしで見られていたのが一転して、あなたも異常者の仲間なのねという目で見られるようになります。


本件の「ありえる度」はかなり高く、9点と評価いたします。

【7月31日付記】


究極には、ネットは信頼度が低く、ウソが多いという見方をされがちなのかも。夕刊フジBLOGの記事「ネットアイドルのスカウトを提案…会ってみたら写真修正だった!」でも、所詮、ネットはバーチャルな世界でしかないという結論が出されています。


写真修正は論外としても、実際にきれいな女性でも予想外に暗い性質の女性が多いという記述があるのですが、これには疑問符を付けたい気がします。日常生活の自分とは別人をネット上で演じているというわけだけど、最近のタレントって地のキャラで勝負するんでしょうか? 別の自分を演じるのは、タレント業に必須の才能の1つかと思っていましたが。




当ブログの全記事一覧を見る

2004 06 09 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959897

この記事へのトラックバック一覧です: ブログが悪者にされる《ありえる度 9》:

» 自民、カタカナ語規制へ [ヒマ新聞 second seasonから]
 自遊民主党は9日、党本部で臨時役員会を開き、日常生活に氾濫しているカタカナ語を法規制できないか検討に乗り出すことを決定した。  役員会後に会見した安倍幹事長は、「日本の心を取り戻そうということ。今の成熟した日本社会に西洋文化はもう必要ない。あ、今のはオ alfanasuさん、コメント&TBありがとうございます。トラックバックの日本語訳はないでしょうね。これに関しては、今から1つ記事を書こうと思います。 続きを読む

受信: Jun 10, 2004 12:51:50 AM

» ありえる度 [用語解説 - なんでも評点から]
ありえる度の定義と意味を説明しています。 alfanasuさん、コメント&TBありがとうございます。トラックバックの日本語訳はないでしょうね。これに関しては、今から1つ記事を書こうと思います。 続きを読む

受信: Jul 5, 2004 2:31:28 AM

コメント

私も貴ブログに毎日、目を通させて頂いてます。ある事象に対する独自の切り口をきちんと持っておられる点に感心しています。
「カタカナ語」テーマで記事を書きましたので、トラックバックさせて頂きました。トラックバックは日本語で何と言うのでしょうね。

今後とも感想ご指摘など頂けると嬉しいです。

投稿者: alfanasu (Jun 10, 2004 1:03:53 AM)

alfanasuさん、コメント&TBありがとうございます。トラックバックの日本語訳はないでしょうね。これに関しては、今から1つ記事を書こうと思います。

投稿者: miccckey (Jun 10, 2004 12:25:06 PM)

コメントを書く