« ありえる度 | トップページ | 人力発電が地球を救う?《ありえる度 7》 »

June 08, 2004

宇宙からウィルスが飛来?《ありえる度 6》


cover
ウィルスといっても、コンピュータウィルスの話ではありません。病原体のウィルスの起源に関するお話。

かのライアル ワトソンも『生命潮流』などの著書で言及していますが、ウィルスは宇宙から飛来してくるという説があり、一部では真剣に研究されているそうです。


昨年、SARSが大流行したときにも、この説が一部で取り沙汰されました。カーディフ大学宇宙生物学センター (ウェールズ) のチャンドラ・ウィクラマシンゲ教授を中心とする研究チームがその説を力説しています。この教授によると「医療の歴史は、宇宙からの病原菌が原因となった可能性のある疫病や伝染病で満ちている」のだそうです。主に隕石に付着して地上に降下したりするのだそうです。詳しい情報は、

「SARSは宇宙からやってきた?」@HotWired Japan

に記載があります (昨年掲載の記事ですが)。


もちろん、これは科学界・医学会の常識から大きく外れた説であり、異端視されているようです。「SARSや他の感染症が隕石によってもたらされたことを示す科学的根拠は何もない」というのが一般的な反応。


しかし、今年春先世界を震撼させた鳥インフルエンザにしても結局、その起源と感染経路は不明のままですよね。宇宙から東アジアを中心にウィルスが降り注いだと考えれば説明は簡単かもしれません。と同時に、もしそうなら、何の対策も講じることができないことを意味するわけでもありますが。


ともあれ、本件に対する筆者の独断的「ありえる度」評価は6点です。この評点について説明しておきますと、5点が「ありえない・ありえる」が五分五分であることを意味します。よって、6点は、ありえるの方が少し可能性が高いことを意味します。


熱に弱いウィルスがどうやって大気圏突入時の熱に耐えるのかとか、素人目にも突っ込む余地はいろいろありそうに思いますけどね。


当ブログの全記事一覧を見る

2004 06 08 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959901

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙からウィルスが飛来?《ありえる度 6》:

» ありえる度 [用語解説 - なんでも評点から]
ありえる度の定義と意味を説明しています。 >DPR-Japanさん 毎度どうもです。こういう「原初的な恐怖」ってほかにもありそうですね。何か面白いネタが見つかりそうに思います。 続きを読む

受信: Jul 5, 2004 2:31:47 AM

コメント

ウイルスという存在には、わけもなく畏れのようなものを感じますね。熱変化や放射線によって機能を失ってしまうことが、判っているにもかかわらず。

おそらく、原核細胞生物が現われて以来、ウイルスとは世代闘争のようなものを闘ってきました。それは真核化、多細胞化、機能複合化、こうした進化を経た今も変わらず、細胞生物の子孫たる僕らは、30億年以上ウイルスと争ってきたといえます(大げさ?w)。

これは僕の想像というか、ただのヨタ話ですが、そのあまりに長い闘争の年月が故に、原初的な恐怖が、僕らのDNAにすり込まれているのではないかと(苦笑)。それ故に、えもいわれぬ畏れを、ウイルスに対して抱いてしまうのではないかと。

投稿者: DPR-Japan (Jun 10, 2004 8:51:54 AM)

>DPR-Japanさん

毎度どうもです。こういう「原初的な恐怖」ってほかにもありそうですね。何か面白いネタが見つかりそうに思います。

投稿者: miccckey (Jun 10, 2004 12:29:29 PM)

コメントを書く