« むごたらしさ | トップページ | 有名無実化させたい気分 »

May 31, 2004

店の前で下水工事と思いきや...《はた迷惑さ 1》

ある日のこと、うどん屋を営むUさんが昼前に店を開けてまもなく、店の前の歩道で突如下水工事が始まった。気が短いので有名はUさんは、すかさず外に出て、責任者らしい男をつかまえて抗議。

「おっしゃることはよくわかりますが、一応、事前に通達してありますし・・・・」
「通達? 寝耳に水だよ!」Uさんは、首まで真っ赤にして怒鳴りました。
「おかしいなあ。ちゃんと書類をポストに入れておいたはずなんですが。まあ、しかし、ここの下水管今のうちに修繕しておかないと、後々、ややこしいことになる可能性が高いんですよ。汚物が溢れ出したりとかね」

短気だが素直なところもあるUさんは、結局相手に言いくるめられてしまった。おかげで、その日は商売上がったりで、定刻にさっさと店を閉めた。が、店を閉める時間になってもまだ工事は続いていた。

こんなはた迷惑なことがあっていいのか・・・とも思ったが、食べ物屋の店先に汚物が溢れるよりはマシかと思ってあきらめた。しかし、むしゃくしゃするので、一人で飲みに行ってしまった。

翌日、二日酔い気味で自分の店に向かって歩いていたUさんが角を曲がると、店の付近がえらい騒ぎになっていた。Uさんの店の前はロープが張り巡らしてあって、立ち入り禁止になっている。あたりにはパトカーが何台も停まっている。

TV局の中継車も何台か停まっている。野次馬の群れが邪魔で自分の店の方に進むのもおぼつかない。いったい何の騒ぎなんだ? たまたま、近所の知り合いの商店主を見つけ、聞いてみる。

「知らないの? 夕べ、あそこから下水管をたどって銀行に入った犯人グループが現金を2億ほど盗み出したらしい」

もちろん、その日は店を営業できなかった上、警察には事情を聞かれるし、マスコミにはインタビュー攻め。へとへとになってしまった。

とまあ、こういうケースだと、はた迷惑度は満点の10に評価すべきかに思えますが、事件の後、しばらくの間、警察やマスコミの関係者、さらには野次馬の皆さんのおかげでUさんの店は大繁盛。こうして享受した恩恵を差し引くと、はた迷惑度は1程度でしょう。

後日談もあります。しばらく忙しくて自分の店のポストの中も確認してなかったのですが、なんと「ご迷惑おかけしました」というメッセージと共に札束が500万円分も忍ばせてありました。

やっぱり届け出るべきかなあ。それともこっそり借金返済に使わせてもらおうかと現在思案中だそうです。

当ブログの全記事一覧を見る

2004 05 31 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959923

この記事へのトラックバック一覧です: 店の前で下水工事と思いきや...《はた迷惑さ 1》:

コメント

後で得しようが、はた迷惑であることに変わりはないはず。ゆえに、はた迷惑さは8点だと思いますね。500万円入りの封筒、店主はともかく従業員も気づかなかったの? って、どうでもいいツッコミはやめておこう。

投稿者: goki (Jun 6, 2004 1:35:27 AM)

似たような話を聞いたことがあります。この話は1点ですか。そんな被害はなかったことですからね。。。僕は5点でもいいと思いましたけど。

投稿者: 五郎 (Nov 3, 2004 1:55:50 PM)

五郎さん

こんな昔の記事にコメント付けてくださってありがとうございます。

書いた本人がよく覚えてなかったりする(笑)。5点でもよさそうですね。

投稿者: miccckey (Nov 3, 2004 5:05:54 PM)

コメントを書く