« {番外記事}肝心のことに触れていない? | トップページ | 「はい」と「いいえ」...《まぎらわしさ評点 7/10》 »

May 21, 2004

擬態...《まぎらわしさ評点 5/10》

擬態とは、動物や昆虫などが天敵から身を守るために自分の姿を別のものに見せかけることを意味します。たとえば、タコは保護色で身を隠し、ジャノメチョウ科のチョウは、その名のとおり蛇の目模様の羽根を持っています。まぎらわしさは生き物が生き延びるための手段になっているのですね。

擬態には身を隠す擬態(上記のタコとか)と敢えて目立つことで警告を発する擬態(上記のジャノメチョウとか)の2通りがあります。

さて、人間社会に目を向けるとどうでしょうか。なにやら怒鳴り声が聞こえてきますよ。

「おりゃー、どこ見て運転しとんのじゃ」
スモークフィルムを貼ったベンツの窓を開け、サングラスの男がファミリーカーの男性に怒鳴っています。ファミリーカーの気の弱そうな男性は、ほとんど声も出ず、青ざめた表情。

すると、そこを白バイが通りかかりました。それに気づくとサングラスの男は急に語気を和らげ、「まあ、気いつけて走ってや」と言い残して発進。

通りかかったのは、白バイは白バイですが、アメリカ製の白バイを趣味で乗ってるだけのライダーでした。まぎらわしいけど、日本の白バイじゃなければ一般人も乗れるらしいです。このライダー、こんなふうに自分が近づいていくだけでトラブルが収まるのをこれまでに何度も見ていて、ちょっぴりスーパーマンになった気分だそうです。

サングラスの男の方は、その後、職場に着いてサングラスをはずし、いつものようにクレーム処理の仕事を開始。今日は遅番です。「おりゃー、お前とこの会社つぶしたるぞ」みたいな電話がひっきりなしにかかってくる仕事です。もちろん、言い返したりはしないですよ。仕事中は、主に「まことに申し訳ございません」などの言葉を繰り返しています。

ファミリーカーの男の方は、なんせ闇金融に脅され続けなので、ヤーさんっぽい人は大の苦手なんだそうです。しかし、予定通りターゲットと定めた金融機関に押し入り、「おりゃー、金出さんかあ」。ファミリーカーももちろん盗んだ車でした。

こんなふうに人間の擬態もまぎらわしいものです。5/10ポイントくらいに評価しておきましょう。

当ブログの全記事一覧を見る

2004 05 21 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959934

この記事へのトラックバック一覧です: 擬態...《まぎらわしさ評点 5/10》:

» まぎらわしさ [用語解説 - なんでも評点から]
この世には、いろんなまぎらわしさが渦巻いていますが、「意図しないまぎらわしさ」と「意図的なまぎらわしさ」の二種類に大別できそうです。 「たとえば、ンとソ、0とO...」の記事で言うと、ソとンがまぎらわしい筆跡は、意図しないまぎらわしさになります。信用状をわざと 五郎さん こんな昔の記事にコメント付けてくださってありがとうございます。 書いた本人がよく覚えてなかったりする(笑)。5点でもよさそうですね。 続きを読む

受信: Jul 4, 2004 11:42:46 PM

» よく似た容器....《まぎらわしさ評点2》 [なんでも評点から]
ある日、貧乏学生のA君は定食屋でライスと味噌汁と冷奴を頼みました。3点で250円。 鰹節が申し訳程度にまぶされた豆腐の上に醤油をかけ、箸で豆腐を掬い取って口に入れ、さあ空腹を満たそうとしたその瞬間、予想外の味と匂いが。 醤油とソースを間違えてしまったんです 五郎さん こんな昔の記事にコメント付けてくださってありがとうございます。 書いた本人がよく覚えてなかったりする(笑)。5点でもよさそうですね。 続きを読む

受信: Jul 5, 2004 12:46:13 PM

コメント

コメントを書く