« カロリー表示...《ありがた迷惑さ 0〜5》 | トップページ | {番外記事}死語自体が死語? »

May 23, 2004

よく似た容器....《まぎらわしさ評点2》

ある日、貧乏学生のA君は定食屋でライスと味噌汁と冷奴を頼みました。3点で250円。

鰹節が申し訳程度にまぶされた豆腐の上に醤油をかけ、箸で豆腐を掬い取って口に入れ、さあ空腹を満たそうとしたその瞬間、予想外の味と匂いが。

醤油とソースを間違えてしまったんですね。よくあることです。

さて、ちょうどそのころ、B氏(「擬態」の項に出てきた男性と同一人物)が金融機関に押し入っているところでした。「おりゃー、金出さんかあ。金出さないと、これに火を点けるぞ!」

B氏は青いポリタンクをカウンターの上に載せました。窓口の中の男性は、あっけに取られた顔をしています。相手があまりびびっていないのを見て、B氏はさらに激昂。

ポリタンクの口を開き、カウンターの上に液体を撒き散らします。ん? ガソリンの匂いではありませんよ。イオウっぽい匂いがかすかに。

ポリタンクをよく見ると、「○○温泉の湯」のラベルが・・・。盗んだ車に最初からポリタンク入り温泉水が積まれていたのですが、間違えてそちらのポリタンクを持ってきてしまった模様です。

それでもB氏はライターを何度も擦って悪あがきするものの、窓口の中の人たちは相変わらず、きょとんとしたまま。

容器がまぎらわしいと言っても、注意していればわかること。このケース、まぎらわしさ評点は2程度です。

ちょうどそのころ、その近くの病院では、じんましんが出た患者に「塩化カルシウム」を注射するつもりで「塩化カリウム」を注射しようとしているところでした。

ちなみに塩化カリウムは、米国のいくつかの州で静脈注射による死刑にも使用されています。

当ブログの全記事一覧を見る

2004 05 23 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64306/1959931

この記事へのトラックバック一覧です: よく似た容器....《まぎらわしさ評点2》:

» まぎらわしさ [用語解説 - なんでも評点から]
この世には、いろんなまぎらわしさが渦巻いていますが、「意図しないまぎらわしさ」と「意図的なまぎらわしさ」の二種類に大別できそうです。 「たとえば、ンとソ、0とO...」の記事で言うと、ソとンがまぎらわしい筆跡は、意図しないまぎらわしさになります。信用状をわざと 五郎さん こんな昔の記事にコメント付けてくださってありがとうございます。 書いた本人がよく覚えてなかったりする(笑)。5点でもよさそうですね。 続きを読む

受信: Jul 4, 2004 11:43:47 PM

コメント

コメントを書く